ハサミを入れられませんでした。

パントリーと台所の境目というか入り口というか、この開口部分。
" 見せる収納 " っていうのが得意ではないので、できれば隠したい....(笑)
なので、なにか暖簾みたいなものを下げたいなーと思った山女。



e0343613_18505801.jpg


ブルースにお願いして倉庫を物色してもらいました。
まず、持ってきてくれたのが、子供用と思われる小さめの蚊帳。



e0343613_19174788.jpg


サイズ的に自分たち用ではないし、ところどころ穴が開いてるし、
一瞬、ハサミを入れてしまっても良いのかも思いましたが.....麻でできたこの蚊帳。
山女には難易度が高そうでできませんでした。


で、次にブルースが倉庫から出してきたのがこちら。



e0343613_19175178.jpg



藍染の幟(のぼり)旗。
藍染はもちろん、縫い糸を見ても、



e0343613_19175302.jpg



旗竿を通す部分を見ても、
一つ一つが手仕事で仕上げたことが伝わってきて、味わい深くて、
" わぁーーー " って声をあげて魅入ってしまうほどです。



e0343613_19175549.jpg


これで暖簾を作ったら、良い風合いになるだろうなーってちょっとだけ妄想しちゃいましたが、
現実的には、これを山女がリメイクする....?! できるのか、私?!? 
と不安の方が大きいのが事実なのと、
この幟に書かれた文字!



e0343613_19174949.jpg


両端の文字は読めないのが多いですが、真ん中の6文字は読めました。
" 天照皇大神宮(てんしょうこうだいじんぐう) "
早い話、神様です。
文字が書いてあるただの布だって一瞬、割り切ろうかと思いましたが、
山女には恐れ多すぎて切れません015.gif
ブルースも同意してくれたので、この幟旗はお正月やめでたい時にでも飾ろうかと思っています。



で、結局、暖簾はというと、
オークションで落としてストックしてた藍染の古布を出してきて作ることになりました。


e0343613_19175844.jpg

いまだに小学生のときの裁縫道具を使っている山女です...



幟旗を意識して、ミシンを使わず手縫いでチクチクしてみました。
で、完成品を早速、かけてみました。




e0343613_19180007.jpg


ライトをパントリーだけにすると、こんな感じ。



e0343613_19180272.jpg



山女のチクチク仕事にしては上出来です(笑)
一日、チクチク仕事にかかってしまったので、またもやこちらのお方がご機嫌斜めでした054.gif
さっきまで、またもやテッドを相手に格闘を繰り広げ、今は、私たちの布団の上でダウン。



e0343613_19180548.jpg


可愛い寝顔です053.gif






[PR]
Commented by 住民B at 2016-09-14 22:27 x
山女さんところの古民家はホントにお宝てんこ盛りなんですね、って、お宝に変えてるのはお二人には違いないんですが。着々と変身していく「古民家あまね」いいですね~!!刺激をもらったり、感心したり、癒やされたり、とっても楽しませていただいてます。最終形があるのかわかりませんが、進化に終わりは無いようですね。テッドがあんなことになっていたとは知りませんでしたが(笑)桃太くん、気持ちはわかる(^^)
Commented by amane_yamame at 2016-09-15 20:47
住民Bさん
「古民家あまね」と呼んでいただいて嬉しいです♫ ありがとうございます。
お宝ととるか、要らないものととるかですが....(笑)
昔の方は、テーブルや棚、柱のそれぞれにおそらくこの家の物となった年月を記入されていて、
その度に時代背景をチェックしたりしています。
今まで歴史に興味を持って生きてこなかった分、
この家で見つけるお宝の類に心惹かれて楽しませてもらっています。

桃太は、夜の興奮ぶりが尋常じゃありません...(苦笑)

by amane_yamame | 2016-09-14 19:47 | 山女のてしごと | Comments(2)

母屋のリフォーム、棚田、畑、自然、古民家暮らし、標高800mの山暮らしなどなど " 古民家あまね" の備忘録&日記です。


by あまねの山女